6LemgvgUAAAAAA0pmcWhzT5tlWdi-XtHArBxzTmw

医学部入試は就職試験!? 面接試験の重要性と攻略法

高校生のときに学校の先生に言われた「医学部入試は就職試験だ」という言葉が今でも印象に残っていますが、まさに、医学部の試験は就職試験だと言えるでしょう。

医学部入試における、面接試験の重要性、またその攻略法を紹介します。

「医学部入試は就職試験」と言われるわけ

医学部医学科はすべての大学において、面接試験が行われています。大学入試で必ず面接試験を行うような学部学科は医学部医学科くらいしかありません。

なぜ、医学部医学科に入るために面接試験が必要なのかというと、医学科に入ればほとんどの人が医師になるからです。

将来医師として働く上で、高い倫理観やコミュニケーション能力、協調性などの人間性が求められますし、医師になるためにも医師になってからも学び続ける必要があります。また、看護師や理学療法士などのコメディカルとコミュニケーションをとりながらチーム医療を行なっていかなければなりません。

このような素質があるかどうかは、学科試験だけでは到底測れないため、医学部医学科の入試では、小論文や面接試験が行われるのです。

さらに言えば、多くの人がその大学の医局に入って医師として働くことになるため、こういう理由から「医学部入試は就職試験と」と言われるのです。

学科試験の成績が良くても面接試験で不合格になる

大学ごとの募集要項の合格判定基準等には、『面接の評価が著しく低い場合、総合得点にかかわらず不合格とする』などと記載している大学も多くあります。

人間としての倫理観や最低限のコミュニケーション能力が欠如しているようなことがあれば、大学側もそのような人に医師になってもらいたいとは思いません。

国公立大学の医学部については、センター試験の結果に応じて、ほぼ全ての大学で2段階選抜を実施しているので、2次試験の受験者は大学ごとに一定基準以上の受験生が集まります。したがって、学科試験の合計点の度数分布をつくると、合否ライン上とその前後は団子状態に受験生が分布しています。

 大学側としては、学科試験が1、2点の差ならば(もっとかもしれません)、少しでも面接試験での評価が高い受験生に入学してもらいたいと考えるのではないでしょうか。

面接試験の受けるにあたって

面接試験では、適性を見ると言っても、やはり「この大学の医学部に入りたい」という強い思いを見せなけれいけません。

そのためには、やはり、面接試験の準備は欠かせませんし、「準備をちゃんとしてきたんだな」と思ってもらえてなんぼです。

まずは、受験する大学の医学部のホームページなどで、ポリシーやカリキュラムなどを確認し、受験校に関する最低限の知識は持っておきましょう。

そして、その大学が求める学生像に沿った答えができるだけできるような準備をして、面接試験に臨ことが大切です。

面接も想定外!?

医療現場は予期できない事態の連続で、マニュアルに頼らない臨機応変な状況判断が不可欠です。そのため医学部の面接は変化球型の質問もあります。

 「志望動機」など定番型の質問もあ理ますが、代々木ゼミナールが調べたところ、数々の変化球型の質問や課題が明らかになっているそうです。


 群馬大学では「円高ドル安を小学生に説明してください」、福島県立医科大学では「幸福度で色分けされた世界地図の説明をしなさい」、鳥取大学では「鳥取の人口はどのくらいか」などが過去に聞かれました。

「紙に書かれた図を言葉だけで他人に説明し、同じ図を描かせよ」(東邦大学)。また小論文でも、「3年間付き合っている相手に別れの手紙を書け」、「『顔』というテーマで600字以内に述べよ」(愛知医科大学)のようなものもあります。

私が受けた大学の小論文、面接試験では、面接試験ではオーソドックスなことが聞かれましたが、小論文は医学部に一見関係無いようなものの方が出されました。

よく聞かれること

医学部の面接試験には、よく聞かれる質問というのがあります。想定される質問に対して、どのように答えるかは練習しておくと良いです。

答え決めて行ったら面接試験の意味無いじゃんと思うかもしれません。しかし、ここに来たら絶対聞かれそうなこと(なぜ医師になりたいか?など)をすらすらと答えることができないと、面接官には単純に「準備不足」「やる気が無い」と映るだけです。

よく聞かれること

医師を目指したきっかけ

どんな医師になりたいか

なぜこの大学を選んだのか、他の医学部でも良かったのでは?

高校時代について(頑張ったこと、成績、部活など)

希望の診療科はあるか

タイトルとURLをコピーしました