6LemgvgUAAAAAA0pmcWhzT5tlWdi-XtHArBxzTmw

女子医学生が結婚について思うこと

医学生向け

女子医学生だって、集まればガールズトークで盛り上がります。時には、結婚について話すこともありますが、その中で多くの女子医学生が言っていることを紹介します!

相手の収入は少なくてもいい、自分が稼ぐから!

相手の収入はあまり関係ないと思う女子医学生が多いです。そんな彼女たちが口を揃えて言うのは、「お金は自分が稼ぐからいい!その代わり家事とかをやってほしい」ということです。

ほとんどの女子医学生はこのままいけば、医師になるので、ある程度の生活ができる収入が得られることは保障されています。そのため、相手の収入はあまり関係ないという女子医学生が多いのです。

もちろん、相手の収入が多いことに越したことはないですが、それよりも女子医学生が望んていることは、自分の仕事への理解や、家事・育児への協力といったものなのです。

イケメンのヒモならそれでいい

女子医学生だってイケメンが好きです。男性が超イケメンだったらヒモでもいいという人もいます。自分が稼ぐから、家事とか育児は積極的にやってくれて、家で癒してくれるような存在が欲しいと思うのでしょう。

現実的にイケメンのヒモと付き合っている女医さんって聞いたことあまりないので、これは、女子医学生の非現実的な理想に過ぎません。そもそも、そんな男性いないでしょうね。

イケメンでなくとも、医師になれば自分が忙しくて家のことをそこまでできないということがわかっているので、ゆるーい自営業(できれば料理系)の男性と結婚したいと言う女子医学生もいます。たしかに、仕事を終えて家に帰って美味しい料理で迎えてくれたら最高ですよね。

でも、実際に男性がバリバリ働いて、女性が家事・育児をするいうのが、世の中で一般的に見られますが、その反対で女性がバリバリ働いて、男性が美味しい夜ご飯で迎えてくれたっていいと思いませんか?

最終的に相手は医師になってしまう

自分が稼ぐから相手の収入は関係ない、ヒモでもいいと言う女子医学生がいますが、実際の女医の結婚相手は男性医師が大半です。

女子医学生も心の中では、相手は男性医師が無難であるということをわかっているのです。

なぜかと言うと、医師という職業の特殊性、大変さを一番理解できるのは同業の人だからではないでしょうか?

医師になれば、夜勤があったり、突然の呼び出しがあったりすることもあるでしょう。決して家庭を大切に思っていないわけではなくても、家族に迷惑をかけることあると思います。それを否定するのではなく、どうすれば問題を解決できるのかを一緒に考えられるような相手が良いのです。

また、女医になるような人は、育ちが良い人や頭が良いという人も多いです。そのため、話す内容がお互いに理解できる相手ともなると、男性側にもある程度の教養を求めてしまうのではないでしょうか。

実際に、女子医学生は、医学部というだけで急に男子から距離を置かれるといったことも経験しています。女性の方が自分より稼ぎがあってバリバリ働くということについて、女性側は気にしていなくても、男性側が気にするために、対等な関係になれないような気がしてしまうのです。

その結果、一番身近にいて、お互いの仕事を理解できて、話も合うとなると現実的に相手は男性医師しかないよなあ…と思っているのが、女子医学生の気持ちです。

結婚するメリットがない

少数派にはなりますが、結婚願望が全くない人もいます。

結婚しても働きたい、自分のキャリアを積んでいきたいという女子医学生が多いのは事実です。

そんな彼らにとって、結婚するメリットがないと感じるのは自然なことかもしれません。結婚しなくても恋愛はできますし、経済的には自分一人でも自立して生きていけるからです。

時々いるのが、結婚はできなかったらできなかったでいいけど、子供は欲しいと言う女子医学生です。これは、医学生に限らずいると思います。ですが、生涯未婚率が高く、離婚率も高い女医という仕事に就くであろう女子医学生だからこそ結婚はできないかもしれない、それでもなんとか子供だけでも欲しいと思うのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました