6LemgvgUAAAAAA0pmcWhzT5tlWdi-XtHArBxzTmw

自転車に乗りながら勉強する方法 

受験生向け

私は、高校生時代、自転車で片道40分かけて学校に通っていました。1日80分通学に時間をかけて年間200日登校すると、1年間で266時間、3年間で800時間です。

あなたはこの時間をどのように使いますか?

「自転車に乗ってる時間って無駄だよな」と、なんとかこの時間を有意義に使いたいと思って実際に行っていた、自転車に乗りながら勉強する方法を紹介します!

知識をアウトプットしながら自転車に乗る

最近勉強したこと、その日の授業で学んだことなど何でも良いので、「何を学んだのか」を自分でアウトプットしてみましょう。

例えば、その日の日本史の授業で「鎖国」をテーマに講義を受けたとします。

鎖国に至るまでにどういう出来事が起きたんだっけなあ。

授業中に先生こんなこといってたなあ。

こんな感じで学んだことを思い出して見ましょう。

アウトプットしようとすると、意外と覚えていなくて思い出せないこともあるでしょう。それでも良いのです。「自分がわかっていない」ということがわかるだけでも大きなことです。

思い出せないと、答えが無性に気になってくるので、家に帰った途端にノートやプリントを開いて確認することになります。私の場合、気になりすぎて、信号待ちでノートを開いて確認したりしていました笑

音声、録音を流しながら、自転車に乗る

イヤホンを装着して自転車に乗るのは、危険なのでやめましょう。勉強したくてイヤホンつけてて、車にひかれるなんて笑えません。

スマホから直接音声を流して、それを一緒に唱えたりしながら、自転車に乗ります。人と会うと少し恥ずかしいですが、私は「この人とは一生会うことはない」と開き直って、音声を流しまくっていました。

私がよく聞いていたもの

  • 英語構文

音声付きの英語構文だったので、それを流して覚えながら自転車に乗っていました。最初は音声の後に同じように唱える、次に音声と同時に唱えるということをして、ある程度覚えてきたら音声を一回止めて自分で暗唱してみるということを繰り返していました。私はこれで、英語構文を覚えきりました。

  • リスニング

リスニングの問題集は1回解いたら終わりではなくて、自転車に乗りながら聞くようにしていました。集中しすぎると、危険なので、聞き流す程度に。

  • 教科書やプリントなどを読んだ音声を録音したもの

教科書やプリントなどの覚えたいところを、自分で読んだ声を録音したもの。特に、日本史や世界史の教科書の文章を録音して、聞いていました。

これで10回聞けば、10回教科書を読んだことと同じですよ!

created by Rinker
¥1,100(2020/10/30 16:48:20時点 楽天市場調べ-詳細)

英語構文を覚えることは本当に大事で、覚えるだけで使える文法が身につきます。文法問題はもちろんですが、英作文に直結するためとてもおすすめです。

スマホに録音する時は、再生するときに再生速度を変えることができるアプリで録音することをおすすめします!

最初はゆっくりじっくり聞いて、慣れてきたら速く聞くという感じで、後から調節できるので便利です!

自転車に乗っていなくても

もちろん、自転車にのっていない時であっても紹介した方法はできます。

私は、歩いている時や、車に乗っている時(酔いやすくても聞くことはできる)、お風呂に入っている時…いろんな時にこの方法で勉強していました。医学生になって車通学するようになった今でも、テスト前になると車の中で流すのは、自分で授業プリントの文章を録音したものです。

机の前にきちんと座って、ペンを持って、教科書を開いてする勉強だけが勉強ではありません。

特に一つ目に紹介した、自分でアウトプットしてみるというのは、何もなくてもいつでもできるので本当にオススメです。

交通安全にだけは気を付けて、自転車に乗りながら勉強をしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました